イメージスキャナやフロッピーディスクなどのこと

ハードウェアのことについて勉強をしました。ROMは、半導体で作られた読み取り専用の記憶装置です。書き込まれたデータの追加や書き換えはできないが、電源を切っても記憶内容は消えません。イメージスキャナは、絵や写真などの画像情報をコンピュータに入力する装置です。液晶ディスプレイ装置は、電圧を変えると光の透過率が変わる性質を持った液晶という物質を利用した表示装置です。フロッピーディスク装置は、保護容器に入った薄い円盤状の磁性体(フロッピーディスク)にプログラムやデータを書き込んだり、そこから読み込んだりする装置です。ハードディスク装置は、磁性体を塗布した円盤を複数枚取り付けて、これに磁気的にデータを記録する大容量の記憶装置です。CDーROM装置は、CDとよばれる円盤形の媒体に記録されたデータを読み取る装置です。CDには、約700MBのデータを記録できます。知らないこともあったので、知れて良かったです。